双子妊娠中のつわりはひどい?つわりがひどい場合に少しでも楽にする方法を紹介

育児

双子妊娠中のつわりはひどい?つわりがひどい場合に少しでも楽にする方法を紹介

双子の妊娠をした人で、つわりは1人のときと比べてどのくらい酷くなるのか気になる人は多いのではないでしょうか。

確かにつわりは個人差があるため、程度の違いは人それぞれですが、双子の妊娠のほうがつわりが酷いと感じる人は多いです。

1人のときは全然つわりがなかったのに、双子のときには入院するほど酷かったという人もいます。

この記事では、実際に1人よりも双子のときのほうがつわりが酷かったと答えている奥さんをもつ筆者が、双子の妊娠について、つわりがどのくらい酷くなりやすいのか。

また、つわりを少しでも楽にするためにおこなえることをご紹介します。

  • 家系に双子がいる
  • 現在双子を妊娠している
  • 双子を妊娠したいと思っている

このような人は参考にして下さい。

双子のつわりはひどい場合が多い

双子妊娠のつわりは、1人の妊娠よりも酷くなりやすい傾向があります。

実際に筆者の奥さんだけではなく、身の周りの双子を出産したお母さんたちは、つわりで辛い思いをした人が多いです。

1人目のときはほとんどつわりなどなく、食事もまともにとれていた。

さらに、つわりの期間も6週目~9週目の途中くらいまでと短かったようです。

しかし、双子になったら話が全く変わり、5週目に入る前から8週目程までかなり酷いつわりが続きました。

臭いがとにかくダメ。食事も取れなく、体重も5kgほど落ちたとのこと。

食事を作るにも食材の臭いで気持ち悪くなってしまうし、起き上がるのもしんどいレベルでした。

1人のときは平然と食事を取れていたにも関わらず、です。

そもそも何故双子のつわりは酷くなりやすいのでしょうか。 

それは、胎盤の絨毛という部分から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが関係していると言われています。

このhCGが、双子の場合多く分泌されやすく、つわりが酷くなりやすいと考えられています。

つわりは妊娠した女性労働者を悩ますトラブルの中でも最も頻度の高いものです。妊娠すると大部分の女性はつわりを経験しますが、だいたい妊娠6週頃から始まって妊娠12週頃には落ち着くことが多いようです。

その原因は十分には解明されていませんが、妊娠したときに胎盤の絨毛という部分から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが関係しているのは間違いないでしょう。

これは、このホルモンの変動がつわりの症状の現れる時期に一致していたり、双子や胞状奇胎などhCGのレベルが高い場合には症状がひどくなったり、流産などでhCGのレベルが低くなるとつわりが楽になったりすることから推察されていることです。

妊婦・出産をサポートする女性に優しい職場作りナビ  【特集】専門家ナビ

【特集】専門家コラム 働く女性のつわりについて|妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

つわりの原因といつ頃から起こるか

つわりは妊娠中のお母さんにとってとてもつらいものです。

ここでは、つわりの原因とは一体なんなのか、そしていつ頃から起こるものなのかをご紹介します。

つわりの原因

つわりの原因は100%解明されてはいませんが、以下のようなものが考えられます。

  • hCGの分泌により、嘔吐中枢が刺激されるため
  • 女性ホルモンのプロゲステロンの増加により、ガスが体内に溜まるため
  • 妊娠によるストレスで自律神経が乱れるため
  • 胎児への栄養供給により、栄養不足を起こすため
  • 血糖値の変化やビタミン類の不足が起こるため

つわりはいつ頃から起こるのか

つわりの起こる時期は個人差はありますが、早い人であれば4週目から。

遅い人なら6週目からが起こりやすいです。

もちろんつわりが全くない人もいますが、おおよその目安としては4週目~6週目のあいだとなります。

また、つわりは長い人では15週目頃まで続く人もいて、その期間は最長11週間にも及ぶようです。

つわりは早い人では、月経が遅れたと気づいた時点から始まる人もいます。一般的に妊娠5週目頃から始まることが多いようです。

最も症状が辛いのが8週から9週ごろ、15週から16週ごろに落ち着いてくると言われています。

札幌・石狩の産婦人科 エナ レディースクリニック
妊娠中の「つわり」はいつから?つわりの原因と症状を軽減する方法 | エナレディースクリニック
妊娠中のつわりはいつからいつまで?どんな症状が続くの?原因は?つわりを軽減する方法はあるの?など、つわりのあらゆる疑問をまるっと解説!産婦人科医監修。

つわりを少しでも楽にする方法

つわりを少しでも楽にするためには、食べ物・飲み物の摂取のコツや、日常生活での過ごし方など様々な方向性があります。

食べ方・飲み方の摂取のコツ

つわりの最中は、空腹も吐き気がでたりするため、こまめにつまむことができるものを身の周りに置いておくことがおすすめです。

食べられる種類のものを食べられる量で良いので、枕元などにも常にストックしておきましょう。

食べる回数を多くして、量を少なくしておくとつわりが軽減されやすいです。

また、吐いてしまうことが多い人は脱水症状や塩分不足にも陥りやすいです。

そのため、スポーツドリンクや塩分補給のアメなども無理でなければ活用したほうが良いでしょう。

日常生活でのコツ

日常生活では、ストレスを溜めないことが一番大切です。

自分がもっとも楽になる方法を選ぶようにしましょう。

例えば寝てるのが楽なら睡眠を増やし、誰かと話すことで気分が紛れるなら積極的に遊びにいっても良いです。

家事をやらなければと思い、ストレスを溜め込んでつわりが酷くなるようであれば、夫を頼ったり、多少手抜きをした家事をおこなうことをおすすめします。

つわりがひどすぎる場合は早めに病院へ

つわりが酷くてどうしようもない場合は、無理せずすぐに病院へいくようにしましょう。

どうしようもなくつらい場合はもちろんですが、以下のような場合も平気だと思わず病院に行ったほうが良いです。

  • 食事がほとんどとれない
  • 体重が極端に減少した(5%以上)
  • 脱水症状がある

上記のような場合は、迷わず医師に相談をするようにしましょう。

まとめ

双子の妊娠によるつわりは、1人の時よりも酷くなるケースが多いです。

当然、1人の場合でも入院するほどの重症になるケースもあるでしょう。

妊娠から子育てのなかで、つわりが一番辛かったと答える人も少なくありません

そのため、時間が解決するから、などとは思わず、つわりに対するしっかりとした対策をおこない、どうしても辛い場合は迷わずに病院へ行くようにすることで、少しでも苦しみを軽減できるようにしましょう。

また、厚生労働省が考案したマザーリーフというサプリメントは、低価格(月額699円)で妊娠時期に合わせた高品質な葉酸サプリを摂取することができます。

安心の無添加に、葉酸だけではなく妊娠時期に合わせた必要な栄養素を取ることができるため、母子共に健康な状態を作ることができるでしょう。

つわりによって栄養がちゃんととれていないかも、と思ったお母さんは、ぜひ子供のためにもマザーリーフで栄養素を摂取してみて下さい。



0歳双子の外出を上手におこなうための記事はこちら↓

双子の育児に関する記事は下記リンクをどうぞ↓

お問い合わせ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました